中世西洋音楽とグレゴリオ聖歌に魅せられて


 

中世西洋音楽の起源

中世西洋音楽史の起源

さて、西洋音楽史を具体的に追う前に、そもそも音楽の歴史の始まりはどこに求められるか、つまり、「音楽の起源」について、音楽学的にはどのように考えられてきたかを取り上げてみたいと思います。

18世紀末:キリスト教的見解への反対

音楽の起源についての考察は、18世紀末まで遡ることができると言われています。この当時活躍していたルソーやヘルダーによると、「音楽は人間に由来する」ものです。これは現代では当然のことと考えられますが、当時はキリスト教的見解である「音楽は神より人間に授けられた」が主流であり、これへの反対意見として提唱されたものです。ルソーやヘルダーの提唱した音楽起源論は、現在では「言語起源説」、つまり、音楽の起源は「言語」であると呼ばれています。

19世紀後半:本格的な「起源論」の展開

19世紀後半には、様々な音楽起源説が論じられるようになりました。

  • 言語起源説(スペンサー)
  • 感情起源説(ヴント)
  • 恋愛起源説(ダーウィン、イェスペルセン)
  • 魔術起源説(コンバリュー)
  • 労働起源説(ビュヒャー、エンゲルス)
  • 信号起源説(シュトゥンプ)
  • リズム衝動起源説(ワラシェク)

などです。これらの各説について詳細に検討することはしませんが、しかしこれらのいずれも、実証的・科学的裏付けがあるとは言えず、想像の域を出ないと言われています。

20世紀 民族音楽学の登場

19世紀の実証的・科学的裏付けのない「起源説」に対し、20世紀には民族音楽学(比較音楽学)が登場しました。最も有力な見解を打ち出したのがクルト・ザックスです。ザックスは、実証的・科学的裏付けのない起源論ではなく、資料を客観的に検討し、自然民族における音楽現象を研究することで、音楽の起源を追究しました。彼は音楽の起源、というか最も「原初」的な様式として2つを挙げています。

  • (1)「言語起源的」な様式(抑揚をつけて言葉を唱えることから始まった)
  • (2)「感情起源的」な様式(形にとらわれず感情をほとばしらせることから始まった)
  • (3)そしてザックスによれば、上記2つのつの様式が混ざり合ったことで、「旋律起源的」な様式

に発展します。ザックスの見解の意義は、音楽の起源を1つに求めず、複合的・客観的に研究した点にあると言われています。

ミサに参加してみませんか。

中世西洋音楽のジャンルについて

中世西洋音楽は、時代的にも地域的にも、音楽の目的や形式からも極めて多様であり、これらを一つの音楽ジャンルとするのは「時代」として区分しているに過ぎません。中世西洋音楽は、六世紀頃から十五世紀にかけての音楽を指し、中世・ルネサンス音楽をまとめて、初期音楽と呼ぶ事もあります。これ以前は古代音楽になりますが、楽譜が残されていない為明確ではありません。

中世西洋音楽と写本

イギリスのダンスタブル、ルネサンス音楽の開拓者デュファイ等が、中世音楽からルネサンス音楽への移行期に位置づけられる重要な作曲家です。中世からの音楽資料(写本等)がネウマ譜(ネウマと呼ばれる記号を用いた記譜法の事で、九世紀頃に現れ、音高を明示しないネウマ、音高ネウマ《ダイアステマ記譜法》と言った初期の記譜法が発展し、11世紀頃から譜線ネウマが見られ、4本の譜線が楽譜に用いられる様になりました。この頃、線譜表には、ドの音とファの音が付けられる様になり、それがハ音記号とヘ音記号となったそうです。ちなみにト音記号もソの音の記号です。

中世西洋音楽と世俗音楽

単旋律の音楽としては、グレゴリオ聖歌を始めとするキリスト教の聖歌や、トルバドゥール(中世の詩人、作曲家、歌手の事)やトルヴェール(十二世紀後半に盛んになった吟遊詩人で11世紀に生じたトルバドゥールが北フランスに伝播し、変化したもの)に代表される世俗音楽があります。ネウマとはギリシャ語で「合図、身振り」と言う意味で、合唱を指揮する際の手の合図である)等に拠り現在に迄残されていますが、当時の演奏については想像するしか方法がありません。

中世西洋音楽と他性音楽の始まり

多声音楽は9世紀にスイスで始まったと言われ、12世紀以降、ゴシック期のフランスを中心に発展しました。サンマルシャル楽派(南フランスのリモージュにかつて建てられていたサン・マルシャル修道院に残されていた1100年頃と見られるトロープス集の写本から、その修道院を中心に装飾の多いオルガヌムを作曲して初期の多声音楽を発展させたと推定されている人々)、続いてノートルダム楽派(1200年前後、パリのノートルダム大聖堂で展開された中世西洋音楽の音楽様式)を含むアルス・アンティクア(十三世紀フランスの多声音楽)、アルス・ノーヴァ(十四世紀フランス音楽)、トレチェント音楽(十四世紀イタリア音楽)、アルス・スブティリオル(14世紀フランスの歌曲様式)等の様式が用いられていたそうです。

スクアルチャルーピ写本

15世紀のフィレンツェで編纂されたイタリアの豪華装飾写本の一つ。14世紀イタリアのトレチェント音楽の実相を伝える、最大の一次資料である。現在はフィレンツェのロレンツォ図書館の蔵書である。その他の中世イタリア音楽を代表する写本に、1350年から1370年までに編纂された「ロッシ写本」がある。

この写本は、おそらく1410年から1415年までを軸に、フィレンツェのサンタ・マリア・デリ・アンジェリ修道院で編纂された。

シャンティー写本

シャンティー写本の中のほとんどの曲には1350年から1400年までの日付がつけられている。全部で120曲あり、ほとんどはフランスの作曲家の曲で、そのすべてがポリフォニー(多声)である。収められている曲は当時最も人気のあった舞曲形式が多く、たとえば、バラード、ロンドー、ヴィルレー、イソリズムの手法によるモテといったものである。モテの幾つかはリズムが非常に複雑で、難解かつ厳格な記譜法で書かれている。ボード・コルディエの2曲は他で見たことがないような独特の形で書かれていて、その曲の内容を視覚的に表している。

合唱団員募集中!

中世西洋音楽とグレゴリオ聖歌についてまとめたサイトです。その手法、音楽様式、詩、劇・・・どれも魅力的です。

サイトタイトル
大人のピアノ教室
どうしてランディングページなるものを作る必要があるのか、そうした質問を度々耳にする事があります。 では実際ランディングページ制作 目的もなく制作していると思いますか? きちんと意味や目的があるからこそ制作している。その効果を実感してもらうためにもウェブザスへ気軽のご連絡下さい。

中世西洋音楽とグレゴリオ聖歌に魅せられて